山陽日日新聞ロゴ 2001年12月12日(水)
入賞作を カトラン氏が講評を
 白樺館で親子観賞・写生会
美術館展示室での写生会 フローリングの床で絵を描く子供
 久保3丁目、尾道白樺美術館(石田克彦館長)は8日午後、ベル
ナール・カトラン展を開いている会場で、親子による観賞&写生大
会を開催、市内から保育・幼稚園児、小学生36人と保護者らが参
加した。
 はじめに石田館長が、色数が少なく重量感のあるカトランの作品
について特徴などを説明。続いて子どもたちは、カトランの作品に
囲まれながら、A4サイズの画用紙にクレヨンや水彩絵の具で自由
に絵を描いていった。
 22日午後3時から、同様の観賞&写生大会を開き、合わせて出
品のあった作品について石田館長が審査、1月中に優秀作品の約10
点をフランスに住むカトラン氏に送り、それぞれ講評してもらうこ
とになっている。
 22日の参加希望は電話0848-20-7300番へ。


転載責任者メモ:美術館が「絵のまちの子供」を育てていくという
        のは素晴らしい。絵画界の底辺が広がるばかりで
        なく、町のカラーにも影響を与えるかもしれません。

ニュース・メニューへ戻る