山陽日日新聞ロゴ 2001年11月9日(金)
大菊花大会
 初挑戦で予想上回る出来映え
  努力の戸崎小と久保中に金賞を
咲きそろった金賞の久保中の菊花
 尾道市は6日と7日、千光寺公園の第45回尾道大菊花大会の作
品審査を行ない、結果を発表した。
 尾道菊花同好会員が出品の作品は、小川勉一・尾道菊花同好会長
が立会いのもと、宇田秀雄・日本菊花芸術協会理事と大森源蔵・同
審査員の2人が審査。小学校16校、中学校9校のの児童、生徒が
出品しての初めてのコンテストでは、小川会長や原田史郎・同副会
長ら4人が審査にあたり、各学校ごとの1位花壇を選びこの中から
最終選考した。上位入賞は次のみなさん。
 小学校の部金賞=戸崎秋組(8人)▽銀賞=吉和6年2組の37人
▽銅賞=木ノ庄東。中学校の部金賞=久保3年F組の8人▽銀賞=
栗原1年3組の3人▽銅賞=長江美術部・報道部の8人。
〜中略〜
 「子どもたちは初めての菊栽培でありながら、予想上回る素晴ら
しい出来で、努力が感じられた。配置での色彩や高低などを考慮工
夫すればもっと良い花壇になる」と総評。表彰式は16日午前10時
から、勤労青少年ホームである。


転載責任者メモ:子どもたち以外の受賞者の個人名も勿論載っていましたが
        転載はしませんでした。「載せて欲しかったのに」という方
        ごめんなさい。

ニュース・メニューへ戻る