山陽日日新聞ロゴ 2001年10月23日(火)
栗原八幡神社秋祭り、消防フェア、福祉まつり
 
西に東に人の波21日
  景品手に笑顔いっぱい
福祉まつりで太鼓を叩く子供達、消防フェアの抽選会
 21日の日曜日は各地区でお祭りなど色んな行事があった。早朝
からシトシト降った雨は冷たくて、まるで冬の使者のようだった。
お祭りに水を差すような雨と思われたが、お祭りの主催者側は雨に
も負けない元気ぶりを見せていた。
 中でも直径にして約200メートル範囲で3つものお祭りがあっ
た栗原八幡神社の秋の祭り、尾道消防フェア、おのみち福祉まつり
の界隈では人の流れが東に西にと賑わいを見せた。総合福祉センタ
ーでの福祉まつりは20日に開催、雨の21日には2日目。雨の中、
各地区からボランティアが駆けつけ、テントの中はボランティアで
一杯。午前9時30分の開幕時には人、人、人で満杯。
 目の前の尾道消防ではこの日、午前7時に全員集合。午前10時
の開会に向けて一挙に設営を行った。準備万端、午前10時にはオ
ープニング。岡本消防長の挨拶、そして岡本消防長、中西尾道地区
防火協会会長代理、丸谷消防フェア実行委員長の3人がテープカッ
ト。くす玉割りを栗原少年消防クラブの4人が行った。
 消防フェアは消防音楽隊のファンファーレの演奏で開幕、次いで
やよいバトンスクールの演技、友愛少年クの和太鼓演奏があった。
消防フェアはレスキューに挑戦、ようよう釣り、煙体験などお楽し
みコーナーが一杯。中でも1番から9番までのボードをテニスボー
ルを投げて落とすピッチングゲームとミニ消防車の試乗は人気を見
せた。〜後略〜


ニュース・メニューへ戻る