山陽日日新聞ロゴ 2001年10月19日(金)
迫力ある住吉浜界隈
 上野重治・近作風景画展
作品を前に上野重治さん
 生まれ育った尾道を中心とした風景画家で知られる広島光風会・
尾道美術協会会員の上野重治さんが、西御所町の喫茶バンブーで近
作風景画展を開いている。31日まで。
 浄土寺、西国寺、千光寺山から尾道水道を取り込んだものなど4
号から6号までの油彩13点と水彩7点を出品。いつもながらのさ
わやかさに加え、昨年あたりから目立ってきたカラフルな色調が景
観を一層際立たせている。
 とくに自宅から至近距離にあり、少年時代に泳ぎ釣りを楽しみ、
家並みを知り尽くした住吉浜界隈俯瞰図の迫力には思わず圧倒され、
写生場所は問い掛けると「共同福祉施設の屋上から思い切りジャン
プしたらコギャーにみえたんヨー」とギャグをとばし、また尾道以
外の瀬戸田風景2点の1点には尾道中央桟橋が活況を呈していた頃
の島回りの巡航船が登場、そのユーモアと独創性あふれる懐かしい
風景が郷愁をさそい、見る人の目を楽しませている。


転載責任者メモ:私はファンです。尾道を"ひなびた"感じで描かれる方も
        いらっしゃいますが、上野さんのは尾道の活気と温かさが
        伝わってきます。空気の温かさ。風景の温かさ。お薦めです。
        バンブーはホテルα(アルファー)ワン尾道の西の並び

ニュース・メニューへ戻る