山陽日日新聞ロゴ 2001年10月13日(土)
14年用絵入り 県内版は「尾道大橋」
 年賀はがきの第1便届く
尾道大橋と尾道水道が描かれた年賀ハガキ
 来月1日から全国一斉に発売される平成14年用お年玉付き年賀
はがきが11日、尾道郵便局にもトラック便で届いた。
 第1便は管内分382万8000枚のうち344万枚(860箱)。残り38万
8000枚は18日に到着。特定局などへの仕分け作業後、配送する。
 今年の年賀はがきは、絵入り全国共通版が廃止され、無地の単面、
4面連刷、インクジェット紙、くぼみ入りが50円売り。寄付金付
きインクジェット紙が53円。寄付金付き絵入り地方版が55円。
県内版の絵入りは、洋画家西谷勝輝氏が描いた「尾道水道」(写真)。
 尾道郵便局での取り扱いは、50円売りが70万8800枚、寄付金付
きインクジェット紙が2万4400枚、絵入りが9万6600枚の計82万
9800枚。パソコンのプリンターに適したインクジェット紙と尾道水
道がデザインされた県内版の売行きが注目されている。


ニュース・メニューへ戻る