山陽日日新聞ロゴ 2001年9月2日(日)
日記に楽しい思い出 凝縮
 1日、市内の小・中学校で一斉に始業式
宿題など両手に校長に迎えられる長江小児童
 記録的な暑さが遠のいた1日、市内の小・中学校で2学期の始業
式が一斉に行われた。市立二十小学校には午前8時前から真っ黒に
日焼けした児童が夏休みの宿題や自由研究作品を両手にかかえて登
校、久し振りに顔を合わせたクラスメートと声を掛け合い、再会を
喜び合っていた。
 午前8時半から体育館で始業式を行った長江小(児童180人)
では、豊田校長が「挨拶がしっかりでき、自分の言葉で相手に伝え
ることができるようにしましょう」と話し掛け、夏休み中、1日も
休まずリレーの練習に参加した1年生や風呂の掃除を手伝った児童
を称えた。
 このあと校舎を清掃、さっぱりした教室で夏休みの情報交換や2
学期の目標など話し合った。
 提出された自由研究にはグループで尾道の祭りを調べたものや貝
殻などの標本、また日記には千光寺早起き登山や地区の行事、家族
と行ったUSJなど楽しい思い出が綴られていた。


ニュース・メニューへ戻る