山陽日日新聞ロゴ 2001年8月30日(木)
静粛で心なごむ海風景
 村上宏治写真展「空ふく風」
村上宏治写真展会場
 村上宏治写真展「空ふく風」が東尾道、プランタン東尾道店で開
かれている。9月末まで。
 写真家、村上宏治さんがしまなみ海道沿線の夕陽、朝焼けに照ら
され、浮かび上がった、人の心を癒す風景写真大小16点を展示。
 写真家の大御所、秋山庄太郎の門下生として生き馬の目を抜く東
京の生活に疲れ果て帰郷。心の傷を癒し、再びカメラを持つキッカ
ケとなった夕陽の因島大橋や干汐沖に停泊している漁船のシルエッ
ト。
 一昼夜待機して、見事にとらえた岩子島海水浴場の石灯篭、カモ
メが飛び交う布刈瀬戸の幾何学的な灯台と行き交う船舶など自然が
織り成す営みを撮影。静粛で心優しい世界に誘っている。
 写真集は「知の牙城シリーズ」として販売、収益の一部をユニセ
フに寄付する。


転載責任者メモ:村上さんのホームページへもどうぞ←クリック

ニュース・メニューへ戻る