山陽日日新聞ロゴ 2001年8月10日(金)
サークル「學生俥屋」
 駅前公園に学生パワー
  『人力車』似合う町で試乗活動を
2台の人力車と学生達
 昔懐かしい人力車に、観光客も市民もにっこり−。東京にある早
稲田、明治、中央、法政、青山学院の5大学の学生でつくるサーク
ル団体「學生俥屋」が尾道に初登場し、無料の試乗パフォーマンス
を行った。
 學生俥屋は、「自動車にはない人力車の魅力、素晴らしさを伝え
たい」と15年前に創立。1人乗り用の人力車2台を所有し、通常
は週末を中心に、都内近郊の公園やテーマパーク、祭りなどの会場
に出掛けて、無料の試乗イベントを開いている。サークル員は現在
増えており、半分近くが女子学生という。
 夏休み期間は、合宿も兼ねて地方を回り、今回は山陽路を3日の
下関からスタートし、宮島、尾道、岡山・後楽園、高知と巡り、最
後16日の京都まで6都市を訪れるツアー途中。
 「人力車の似合う町を基準に選定しており、尾道は映画の町とし
て知られ、海がきれいで候補地に挙げました」と14代目頭領の古
川代表(中央大学)。
 尾道水道に沿った、駅前の港湾緑地帯にあるウッドデッキを東西
に約50m、走ってみるもので、無料とあって、炎天下にも関わら
ず子どもから大人まで、観光客を中心に待ち時間が出来るほどの盛
況ぶりだった。
 昔ながらの俥夫装の出で立ちで歓迎。学生らしく、大きな掛け声
とパワーで車を走らせ、"お客さん"を楽しませていた。


ニュース・メニューへ戻る