山陽日日新聞ロゴ 2001年8月8日(水)
勇壮なバチさばき堪能
 ベッチャー太鼓と真夏の夕べ
ベッチャー太鼓の演奏
 「ベッチャー太鼓と真夏の夕べ」(向島観光主催)が5日夜、向
島江奥、向島洋らんセンター芝生広場で開かれ、約1000人が太鼓の
競演に酔いしれていた。
 はじめに尾道工業高校ブラスバンド部を卒業、関西を中心にライ
ブやストリート演奏をおこなっている大学生アマチュアジャズバン
ド「アイモーズ」がジャズのスタンダードナンバーを演奏、盛んな
拍手をうけていた。
 土堂小学校区内にある吉備津彦神社の祭礼行事ベッチャー祭りの
お囃子の太鼓を受け継いでいこうと結成され10年目を迎えた「土
堂っ子太鼓」。4年生から6年生まで総勢32人が息の合った見事
なバチ捌きを披露、感動をよんでいた。
 メインイベントのベッチャー太鼓が登場。三体の神輿が幟の先陣
をかけ、激しい火花を散らし競い合う尾道祇園祭を音で表現した
「祇園」、観客、踊り手、演奏者が一体となった「徳島阿波踊り」、
一人が途切れることなくリズムを刻み、もう一人が全身全霊で一心
不乱に打ち込み聴衆の心底まで響いていた「祭り太鼓」、フィナー
レはおなじみの「ベッチャー太鼓」、打ち手が体力の限界まで演奏。
日頃からよく鍛錬され、高度なテクニックと魂を揺さぶる勇壮な演
奏に時の経つのも忘れ、聴き惚れていた。


ニュース・メニューへ戻る