山陽日日新聞ロゴ 2001年6月23日(土)
アーケード彩る
「七夕に願いを」コンサートも
 
本通り西商店街に七夕
  「地球にやさしい」をテーマに
七夕飾りを持つ少女
 土堂1丁目から土堂2丁目にかけての本通りアーケード街に22日、
夏の風物詩「七夕飾り」が設置された。その数73本。8月5日ま
で飾られ、風に微かに揺れる可憐な風情が駅前本町一番街、土堂中、
本町センター商店街に彩りを、土曜夜店に花を添える。
 子どもたちへの思い出づくりにと今年で22回目を迎え、新世紀
の幕開けとあって「地球にやさしい七夕」をテーマに製作を依頼。
これに応え市内ならびに御調郡の幼稚園、保育所43施設、ならび
に土堂小など小学校8校の1〜2年生、さらに社会福祉協議会やデ
イケアセンター、絵手紙教室など14グループからの協力が得られ、
それぞれ燃える材質を使い個別に作った飾りを持ちより、用意され
た高さ約10mの竹に「きれいな天の川」や「にんじゃになりたい」
など書き込んだ短冊や紙製の提灯、輪つなぎ、貝がらつなぎなど装
飾品を枝にくくり、最後にネームプレートを取り付け立ちあげ、子
どもたちは思わず手をたたき喜んでいた。
 今回は奇しくも7日が土曜日。同夜、本町センター街で尾道エレ
クトーン教室の子供たちによる七夕コンサートを開き、ひまわりの
会の物品販売を土曜夜店とあわせ行う。(写真は、本町センター街
で)。


転載責任者メモ:大人が商売のために飾ったと思うと素通りしてしまうかも
        しれない七夕飾りですが、子供達の願い事など見ながら
        歩けば楽しさ倍増のはず。
        忍者というのは本来 日の当たらない商売なんでしょうが、
        子供は映画やアニメに出られると思っているんでしょうね(笑)

ニュース・メニューへ戻る