山陽日日新聞ロゴ 2001年6月15日(金)
7、8月に
 
実際作りながら学ぼう
  しまなみ大学授業 8mm映画講座が参加者募集
昨年の講座の様子
 おのみち映画コンテスト実行委員会は、瀬戸内しまなみ大学芸術
学部の授業の1つとして、「八ミリ映画講座」を今年も夏休み期間
中に開催する。
 映画の町尾道をアピールし、映画の知識を深めてもらうことを目
的に、8mmフィルムカメラの使い方から編集の方法まで、映像制
作の基本を学ぶ初心者向けの講座。昨年に続いて2回目になる。
 会場は市役所前の「おのみち映画資料館」で、7月22日と8月
26日の2階連続講座となる。いずれも午前9時半から、午後5時
まで。講師は映像テクニカルディレクターの神山隆彦さんが8mm
カメラの使い方や編集方法を。映像作家で昨年度のおのみち映画コ
ンテスト大賞受賞者の井村征爾さんがシナリオの講義と実際の撮影
技術について教える予定。
 実技では各自がテーマを決めて、市街地に出て町並みや風景など
実際に撮影、3分程度の作品に編集して仕上げる。
 昨年は、広島市はじめ県内から20人を超える8mm愛好家らが
参加した。
 参加料は2千円(弁当代込み)で、「映画に興味のある人の裾野
を広げるために」(市観光文化課)、昨年の5千円より大幅に下げ
た。定員は今年も20人、来月13日までに申し込む。8mmカメ
ラや編集機は持参しなくても、借りることができる。
 問い合わせは0848-25-7184番へ(=写真は昨年の講座の様子。
上が千光寺公園での撮影、下が資料館での講義)。


ニュース・メニューへ戻る