山陽日日新聞ロゴ 2001年6月2日(土)
釣りに陶芸、進水式見学
 『しまなみ体験メニュー』
しまなみ体験パンフ
 瀬戸内しまなみ海道周辺地域振興協議会は沿線各地で楽しめる「し
まなみ体験メニュー」を作成、観光客の誘致をはかっていく。
 A4版36ページ。紹介しているのは「アウトドア」、「創作体験」、
「町並み・歴史探訪」、「漁業体験」、「農業体験」、「産業観光」、
大三島町の海洋温浴施設のその他と7分野。
 アウトドアは今治市の野間馬乗地や向島町のカヌー教室、創作体験
は原田町で有神窯の陶芸教室や瀬戸田シトラスパークの香りづくり、
町並み歴史探訪は尾道や瀬戸田の観光ボランティアガイド、漁業はし
まなみ沿線は盛んで尾道から今治まで10市町村で遊漁船、底びき、ニ
ジマス釣りなど多様にたのしめる。
 農業も尾道地方でみかん狩り、御調のイチゴ狩り、大三島のぶどう
狩りと四季を通して行われている。
 産業観光は因島日立造船の杜仲茶、瀬戸田の内海造船進水式、今治
のタオル工場や酒造工場の見学など70件が紹介されている。
 沿線エリアの地図とともに26か所のキャンプ場に24か所の海水浴場
も載せられている。
 1000部を作り沿線の21都市の小中学校、中国四国から大阪の観光エ
ージェントに送付。「反応もよく、県外から送って欲しいとの注文が
舞い込んでいます」(市広域振興課)と話していた。


ニュース・メニューへ戻る