山陽日日新聞ロゴ 2001年5月20日(日)
持光寺の苗木に花咲き始める
 1年待たず「あじさい寺」
あじさいの花
 ◎・・尾道商工会議所婦人会が先月23日、西土堂町の浄土宗持光寺
境内に植樹した紫陽花が、梅雨を待たず一足早く咲き始め、薫風にそ
よぐ可憐な花が、訪れた古寺めぐりの観光客らの足をしばしとどめさ
せている。
 ◎・・開花したのは高さ40cmから50cm程度に育った苗木7種50株
のうち、本堂向かって左側の枝垂れ梅の根元に植えられた「アマチャ」
の1本(写真)。このほか2〜3本が開花しはじめ、小さいながら半
分近くの株に花芽がつき、毎日水やりを欠かさない松岡副住職らを喜
ばせている。
 ◎・・尾道ゆかりの小説家林芙美子を偲び例年命日の6月28日、
同寺下の土堂商店街入り口に設置されている芙美子像を中心に開催さ
れるイベントに花を添える「あじさい寺」にとの企画が1年を待たず
に花ひらいた。
 ◎・・花の見頃は来月に入ってからとのこと。新高山の紫陽花ロー
ド、そして西国寺の紫陽花とあわせ青、紫、赤、白の七変化する様が
今から楽しみといったところ。


ニュース・メニューへ戻る