山陽日日新聞ロゴ 2001年5月9日(水)
亀岡八幡神社
 除虫菊生みの親しのぶ 
  金鳥の創業者、故上山英一郎氏
除虫菊神社におまいりする関係者
 大正から昭和にかけて蚊取り線香や殺虫剤の原料として瀬戸内海
の島々で栽培されていた除虫菊の種をアメリカから持ち帰り、普及
した大阪市西区、大日本除虫菊(金鳥)の創業者、故上山英一郎氏
を祀る祭典が向島町名郷丸、亀森八幡神社で8日、執り行われた。
 午後11時、上山英一郎氏をまつった除虫菊神社におまいりした
あと、絵馬殿において英一郎氏の遺影を飾り、満開の除虫菊、鯛や
旬の竹の子など海や山の幸を供えられた祭壇に向い吉原宮司が英一
郎氏の偉業をしのび、金鳥の隆盛を祈り祝詞をあげた。
 金鳥の上山直英社長、安保・県除虫菊協会組合長の孫や当時の卸
問屋役員ら約20人が次々と玉串を捧げ、英一郎氏の業績をたたえ
ていた。
 故英一郎氏の故郷、和歌山に続き、アメリカから除虫菊の種を植
えたのが110年前の明治23年。初夏になると瀬戸内の島々の段
々畑は一面、真っ白いジュータンを敷き詰めたように美しく咲き誇
り、戦後まで季節の風物詩になり、人の目を楽しませていた。除虫
菊は蚊取り線香や蚤取り粉など殺虫剤の原料としてヒット商品とな
り、農家に利潤をもたらした。
 戦後、科学殺虫成分、ピレクトリンが開発され、除虫菊栽培は下
火となり、全国に残っているのは尾道市の千光寺公園、因島市とわ
ずか2か所だけ、
 除虫菊の産みの親、故英一郎氏を顕彰、まだ存命中の昭和5年、
亀森八幡神社に遺影、鏡、日本刀を安置した「除虫菊神社」を創建。
一方、千光寺境内には英一郎氏のレリーフをはめこんだ「除虫菊発
祥之碑」を建立、功績をたたえている。
 大日本除虫菊は尾道市に650万円を寄付、千光寺公園の除虫菊
畑を昨年、整備、「白いじゅうたんの丘」を造成した。
〔写真は除虫菊神社におまいりした金鳥、上山社長(右から4番目)〕


 

ニュース・メニューへ戻る