山陽日日新聞ロゴ 2001年4月26日(木)
 「ノボリフジの里」開花で賑わう  
ノボリフジの里
 ◎・・美ノ郷町三成の宗重院一帯で、夏の訪れを告げるノボリフ
ジが開花、「ノボリフジの里」と呼ばれ、テレビにも放映されたこ
ともあり、マイカーなど花見客で賑わっている。
 ◎・・学名はルピナス。藤の花が逆さ咲きしたような様子から和
名をノボリフジと呼ばれる豆科の植物。北米を中心に南米、南欧に
自生、仲間は300種におよぶとか。
 ◎・・近くに住む迫さんが十数年前、知人宅に咲くノボリフジの
珍しさにひかれ、種子を譲り受け、自宅前の畑に植えたところ、高
いもので80pにおよぶ紅白、紫、ピンクなど鮮やかなカラーが新
緑に溶け込み、風に靡く風情が評判となり、休耕田など栽培地が広
がり、愛好者が増えつつある。
 ◎・・見頃はゴールデンウィーク。5日には近くの浦島神社で例
祭が開かれ、一足早くみなと祭にあわせ遠出してみては。


 

ニュース・メニューへ戻る