山陽日日新聞ロゴ 2001年4月25日(水)
大分県から尾道グループ15人
 『尾道姓』のルーツを訪ねて  
千光寺山を訪れた尾道姓の人々
 尾道市政百周年記念事業で「尾道観光大使」に委嘱された尾道さ
ん(尾道姓)の一人、大分県別府市の女性の兄弟8人ら、尾道グル
ープの一行15人が、22日(日)午後3時に千光寺公園を観光バ
スで訪れた。
(写真は観光文化課提供)。
 かおり橋下で、西岡産業文化振興部長と柚木観光文化課長の2人
が休日返上で出迎え、尾道市からの記念品を渡して観光大使に敬意
を表した。
 千光寺公園を団体と一緒に散策して同夜は岡山県の温泉泊まり。
女性は大使就任以来、すでに4回も来尾しており、今回が5回目。
立派に大使の役割を果たしていることを尾道人が知り、感謝の気持
ちを忘れてはいけない。


転載責任者メモ:「尾道姓」は九州に移住した尾道の方が故郷の名をつけたと
        言われます。今は全国に散らばっていますが、元は九州なのだとか。
        尾道には尾道さんはいないとのことです。

 

ニュース・メニューへ戻る