山陽日日新聞ロゴ 2001年3月27日(火)
ミス尾道
 石山さんと豊田さんに
  15人エントリー面接審査で決定  
左、豊田さん、右、石山さん
 準備がすすむ第58回「尾道みなと祭」に合わせて、2001年度ミ
ス尾道が25日、決定した。
 自薦と他薦で36人の応募に対して15人が第2次審査にエント
リー。公会堂別館での審査会は港祭協会の役員と今年度のミス尾道、
一般応募の2人など合わせて11人が審査に当たった。
 非公開で2人ずつ、平服での面接によって行われ、尾道に対する
思い入れや活動への意気込みなど質問された。
 結果は、石山さんと豊田さんの2人が選ばれた。 石山さんは、
市民劇団尾道テゴー座の昨年の公演では、平田玉蘊役を演じたり、
エフエム尾道のリポーターもつとめる行動派。趣味は映画鑑賞。
 豊田さんは、介護保険の請求事務に従事している。エレクトーン
の演奏が趣味という。
 「もっと多くの人に尾道の魅力を伝えたい」(石山さん)、「全
国の人に尾道の良さをアピールしたい」(豊田さん)と抱負を語っ
ていた。
 2人は28日、29日のみなと祭の会場で初披露、表彰される。
1年間に渡って、市内外での公的なイベントで華を添える。
(=写真は、ミスに選ばれた左が豊田さん、右が石山さん。市商工
観光課の提供)

転載責任者メモ:例によってプライバシー関係の部分は大部分カットしているため
        (名前まで)、やけにアッサリした記事に見えるかもしれません..
       

ニュース・メニューへ戻る