山陽日日新聞ロゴ 2001年3月23日(金)
 夜桜演出するぼんぼり
  千光寺公園内で1日から点灯を
千光寺公園 ボンボリ設置
 千光寺公園に春本番を告げる桜の「ぼんぼり提灯」の取り付け作
業が22日から始まった。
 尾道観光協会の職員が、頂上付近のソメイヨシノの幹づたいに、
延長約1kmの電線を這わせ、2m間隔に40ワットの電球が仕込ま
れた6角形のぼんぼり(高さ40cm)を吊り下げていった。最も花
見客が宴会する市立美術館の西側には、一回り大きい灯籠型ぼんぼ
りもセットされた。
 夜桜の風情を演出するぼんぼりは、市内の団体や関係業者のスポ
ンサー100社が協賛、数日かけて合わせて400個を設置。4月
1日から29日まで、夕方6時から翌日まで点灯する。
 広島気象台が発表している県内のソメイヨシノの開花予想は、昨
年とほぼ同じの31日前後。千光寺公園はそれよりも数日遅いと見
られ、昨年とお案じ3日前後になりそう。しまなみの開通効果で、
昨年は花見シーズンだけで14万人が公園を訪れており、「今年も
この数を期待したい」と関係者。

ニュース・メニューへ戻る