山陽日日新聞ロゴ 2001年2月23日(金)
 尾道水道スッポリ霧に
霧の尾道水道と浮かぶ渡船
 雨上がりの22日朝、瀬戸内海一帯は今年1番の濃霧に見舞われ、
午前9時20分尾道駅前桟橋発の常石行き定期旅客船1便が欠航。
また因島で午前8時から1時間余り運航を自粛したフェリー会社も
あった。
 尾道水道でも午前7時すぎ、一時視界が50m程まで落ち、桟橋
で視界待ちする便もあったが、影響はほとんどなかった。
 広島地方気象台からは同朝3時45分濃霧注意報が発令され、大
橋管理事務所は4時45分、まず尾道大橋、ついで因島北、生口北、
西瀬戸で車両50キロの速度規制を9時45分まで行なったが、あ
まり支障はなかった。

転載責任者メモ:全体がグレーで対岸の見えない尾道水道の写真。
        住んでいないと、こういう景色にはなかなか出会えませんね。

ニュース・メニューへ戻る