山陽日日新聞ロゴ 2001年2月17日(土)
「瀬戸内の空を舞う鳥たちの風景」
 ポスターかわぐち氏が原画を
  自転車で渡るしまなみPR
かわぐちかいじ氏によるポスター
 沿線の20市町村でつくる瀬戸内しまなみ海道周辺地域振興協議会
が、春からの観光客誘致策として、自転車でも渡れるしまなみ海道を
大々的にPRする。尾道出身の漫画家、かわぐちかいじさんに原画を
依頼して、新しく「サイクリングポスター」を制作、今月下旬から約
1週間、JR東海から以西の西日本のJR各駅などに貼り出し、一斉
キャンペーンするもの。
 ポスター(=写真)は、空から見た来島海峡大橋を背景に、男の子
と女の子が元気よく自転車を漕いでいる姿がイラストされている。尾
道市政百周年の時に描かれ、ハガキ絵にもなった人気のイラストに雰
囲気が似ており、ほのぼのとして爽やかな風が吹いてくるような作風
が特徴。キャッチフレーズは「空を駆ける。海を駆ける。」。
 B1サイズを1300枚、B2サイズを2000枚制作。この後簡単なチラ
シもつくる。制作費や貼り出し料など総費用は約400万円。
 主なJRの1056駅をはじめ、大阪地下鉄30駅、広島電鉄16駅、福岡
市営地下鉄19駅に貼られ、他には全国の高速道路のサービスエリアな
どでもPRしていく。
 かわぐちさんは「自転車に乗って、しまなみ海道の橋から広がる風
景は、瀬戸内の空を舞う鳥たちが見る風景と同じ。そんな素晴らしさ
が少しでも伝わればうれしい」とコメントしている。
 同協議会が運営しているレンタサイクルは、現在広島県・愛媛県合
わせて964台を保有している。冬季は貸し出しが少ないが、4月に
なると週末を中心に利用が増えてくる。

転載責任者メモ:1週間とは短いですが、尾道市内などにはきっとしばらく貼られる
        ことになるでしょうね。勢いのあるかわぐちさんの絵は元気が出ます。

ニュース・メニューへ戻る