山陽日日新聞ロゴ 2001年2月15日(木)
『告別』24日に
 長野県上田市でロケを
  赤川次郎原作を大林監督が映像化
『告別』スナップ 小林桂樹・峰岸徹・清水美砂
 大林宣彦監督のドラマ『告別』が24日(土)午後7時から、BS
デジタル放送の「BSi」で放映される。
 赤川次郎原作の短編小説『長距離電話』を映像化したもので、過
去につながる公衆電話を見つけたサラリーマンの不思議な4日間を
描く(2時間作品)。
 ロケ地は、今でも城下町の昔懐かしい町並みを残す長野県上田市。
赤川作品はこれまでに、新尾道三部作の『ふたり』と『あした』、
さらに『三毛猫ホームズシリーズ』などで大林監督が映画化してい
る。
 小坂勇一(役・峰岸徹)は上田に住んでいる営業マン。業績が振
るわず上司から睨まれている。毎晩帰りが遅い勇一は、妻の和枝
(役・清水美砂)との会話も途絶えがち。ある日、故郷の町へ車を
走らせていた勇一は、よく知っているはずの山道で迷ってしまう。
そのうち、古びた公衆電話の前に止まり、古い電話帳に懐かしい高
校時代の親友の名前を見つける。ダイヤルを回してみると、電話に
出てきたのは30年前の友人だった・・・。幻想的な雰囲気のなか、
ストーリーは展開していく。
 他の出演は、尾道作品でも登場したことのある小林桂樹、勝野雅
奈恵、根岸季衣や裕木奈江、梅津栄ら。
 大林監督が上田でロケした作品は『サイナラ』に続いてこれで2
作目。上田市は、町をあげて映画やテレビの撮影ロケを受け入れて
いることで知られる。
(写真はPSC提供)

転載責任者メモ:BSデジタル放送開始の前にTBS系で盛んに宣伝していた
        BSiスペシャルドラマの1つ。まだまだチューナーが
        普及していないのが残念(高いのと在庫不足という相反する
        理由で(^^;)で、ビデオ化なども望まれますね。
        ハイビジョン収録なら映画館で上映しても十分なクオリティが
        あるかもしれませんし、そんな方法も・・

ニュース・メニューへ戻る