山陽日日新聞ロゴ 2000年12月28日(木)
新世紀迎える準備整う
 千光寺で『驚音楼』煤払い
千光寺の鐘 煤払い
 世紀の変わり目を5日後に控えた27日、中国観音霊場第十札所の
東土堂町、真言宗千光寺で、鐘楼『驚音楼』(きょうおんろう)の煤
払い掃除が行なわれ、今世紀を締めくくり、21世紀を迎える除夜の
鐘の準備が整った。
 檀信徒ら15人が参加し、多田住職と副住職を導師に、般若心経を
唱えたあと、笹ほうきで1年分の塵や埃を払い取り、雑巾で丁寧に拭
き清めていった。
 驚音楼は、元禄年間から刻を知らせる鐘として撞かれ始め、千光寺
山(標高136.9m)の山頂近くにあって、1890(明治23)年、
竜宮造りの鐘楼が建てられた。「音に名高い千光寺の鐘は1里聞こえ
て2里ひびく」と歌われ、玉の岩とともに観光尾道のシンボルとなっ
た。文豪志賀直哉の「暗夜行路」やアララギ派歌人中村憲吉の作品に
も登場、96年夏には環境庁選定の「日本の音風景百選」の1つにも
選ばれた。
 除夜の鐘は大晦日の午後10時頃から先着順に整理券を配付、11時
ごろからお経をあげたあと順番に撞き始め、零時までに100打、新
年になって8打を撞く。鐘を撞いた人には、福土鈴とみかんが進呈さ
れる。初日の出が昇るのは、7時過ぎになる。
 新世紀の始まりを記念して元旦から8日まで、「ご本尊千手観音」
を特別に開帳する。33年に1度しか開帳しておらず、近年では市政
百周年の年に特別開帳しており3年振り、次は2013年の予定という。
 大晦日から正月3が日の人出は、昨年より少なめの6万5千人を予
想。多田住職は「今年は事件が多かったが、私たちも仏教者の気持ち
を伝えて、来年こそは明るい年になることを祈りたい」と話していた。

転載責任者メモ:新世紀と仏教を一緒に書くところが日本的ですが(^^;、
        それはそれとしてご本尊ご開帳は聞き逃せないニュース。

        以前から「"驚く音"の楼」というネーミングにはちょっと
        ユーモラスな感じを受けている私です。

ニュース・メニューへ戻る