山陽日日新聞ロゴ 2000年12月7日(木)
若草姉妹や動物も
 ひだまりくらぶ「人形展」
檸檬の樹の出窓に並ぶ人形
 向島町小歌島、喫茶・檸檬の樹でひだまりくらぶ「手づくり人形展」
が開かれ、訪れた人の目を楽しませていた。
 川尻の女性が自宅で3年前から主催している人形教室には20代から
70代までの主婦ら30人、夏休みともなれば高校生が習いにきて盛況。
「人形づくりのポイントは顔、自分の描きたいモデルの絵を真似ても
自分の子どもの顔になったり、それぞれ個性がでます。顔によって人
形の雰囲気が随分、違ってきます。それに出来上がると皆さん愛着が
わき、手放せなくなるとおっしゃっています」(主催者)。
 初めてのグループ展には12人が約80点を出品。90cmもある大きな人
形やウェディングドレス、可愛らしいネコやウサギ、「若草姉妹コー
ナー」も設けられ、見る人の目を楽しませていた。また会員が作った
クリスマスリースも展示、華やいだムードを醸し出していた。 後略

転載責任者メモ:檸檬の樹の出窓を懐かしくご覧になるファンも多いかと思い
        転載しました。以前からこの様な展示会が行われていましたが、
        マスターが元気に復帰され、私も喜んでいる者の1人です。

ニュース・メニューへ戻る