山陽日日新聞ロゴ 2000年11月11日(土)
向島運航待合室
 乗船客に季節の彩りを
  尾道工高生徒が毎週生け花
駅前渡船向島待合所に花を飾る生徒
 向島町、尾道工業高校華道部(4人)は毎週交替で港内渡船・向島
運航の向島側待合室に生け花、殺風景だった待合室に季節の彩りを添
えている。
 毎週火曜日午後、向東町、池坊尾道山陽支部、村上さんを講師に生
け花の稽古をしたあと尾道工高の生徒が通学の足としてお世話になっ
ている向島運航の乗船待合室に池田華道部長、藤原さん、花上さん、
関谷さんの4人が交代で花を生けに行っている。
 7日には桑の木の枝、ドラセナの花、黄色いガーベラ、白のストッ
ク、ピンクのカーネーションをコーディネイト、飾り付けると、辺り
が華やいだ雰囲気につつまれていた。
 関谷さんは「横山先生に勧められて生け花をはじめました。はじめ
生け花は地味なものと思っていましたが、花の添え方、飾り方が人に
よって違い、奥が深く楽しいです。これからも続けていきます」と話
していた。
 待合室のすぐ近くに住むタバコ店経営、竹森さんは「毎週、生け花
を楽しみにしています。生け花をはじめてから、待合室のタバコの吸
い殻などゴミが減ってきました」と生け花効果を指摘していた。

        

転載責任者メモ:直接観光と関係ないですが、"普通の高校生"の話が伝わりにくい現状の中で
        ホッとする話だったので載せてみました。駅前(グリーンヒルホテルの脇)
        から出ている渡船で向島に渡ると見られるようですね。大切にして欲しいです。
        (生け花と高校生の気持ちを)

ニュース・メニューへ戻る