山陽日日新聞ロゴ 2000年10月21日(土)
 商店街は「おまつり尾道」
  大道芸、人力車にゲームなど
(尾道商業高校「折鶴祭」イベントに関連したニュース)
 一方、合同イベントとして市商連では28、9の両日、「おまつ
り尾道」のイベントをおこなう。
 28日(土)が、大道芸、人力車、オイチニの薬売り、絵手紙教
室、手書きちょうちん実演販売など。29日(日)が「ロクさんの
紙しばい」、人力車、ゲームコーナーなど。
 お店さがしゲームで、折りたたみ自転車(3名)やプレステ2(1
名)が当たる企画などもある。

転載責任者メモ:オイチニの薬売りは、軍服を着て「オイチニ、オイチニ」と薬を売り歩く
        人のこと。これ、林芙美子の「風琴と魚の町」で、芙美子の父が各地で
        やっていたと書かれている"商売"。
        かなりインチキな化粧品などを売っていたらしく、各地を追われるように
        して山陽線で通りかかったのが尾道。風琴(アコーデオンの仲間)も
        鳴らす。大道芸と路上販売がミックスしたようなものですかね。
        まあ買う方も騙されて元々みたいな気分も少しあったでしょうか。
        そんなつながりで今回「オイチニ」の登場なわけでしょうね。無論今や
        路上で本物の薬は売れないですから、別の物を売るか、形をやってみせる
        かでしょう。

        この小説は児童図書館などに行くとあるようです。(「雨の日文庫」の1つ)
        新宿区中央図書館にも児童コーナーにありました。当時の尾道の様子が
        生き生きと描かれていて手に取るよう。以前NHK教育で連続して朗読され
        たこともありました。勿論バックの映像は尾道の商店街付近や海の風景。

        

ニュース・メニューへ戻る