山陽日日新聞ロゴ 2000年5月10日(水)
連休の尾道  昨年に負けない結果に
 駐車場は増加 レンタサイクルはフル回転を
駅前 川口兄弟によるモニュメント前 新しい観光スポットになり、
記念写真におさめる姿が
見られた駅前の兄弟石像
雁木付近 改修が終わった海岸線で
くつろぐ観光客、市民の姿も
長江口 ロープウエイ乗り場付近 平地の東西軸と千光寺山の
南北軸が交わり、観光の
十字路になる長江口には、
レンタサイクルがずらり
三原・瀬戸田フェリー船内 しまなみの渋滞を避けよう、
という観光地直結の三原−
瀬戸田フェリーは人気、
満車状態が続いた
 大型で、しかも天候に恵まれた今年のゴールデンウイーク期間中の尾
道は、中盤の3,4,5日を中心に、しまなみ海道の開通とイベントの
幕開けにわいた昨年に負けない賑やかさになった。
 開通1周年を迎えたしまなみ海道の通行情況は、本四公団の発表が
9日午後以降になったことから、現時点では正確には分からないが、全
体では昨年ほどの混み具合は無かったものの、4日を中心に3〜5日に
は生口島北と南、向島インターの上下線で数kmから最大18kmの渋滞が
発生。3日だけを見た場合、多々羅大橋が1.8万台で昨年の79%、来島
海峡大橋が2.1万台で76%に止まったという。
 中略(市内各施設・駐車場の利用数字)
 愛媛県との相互利用が可能になった「しまなみレンタサイクル」は
連休中、ほとんど待機車がなく、フル回転が続いた。29日から7日までに
広島県側だけで1378台が利用され、うち尾道ターミナルでの貸し出しが
約半分の667台で 48%。続いて瀬戸田観光案内所(36%)、同サンセット
ビーチの3ヶ所でほとんどを占めた。ピークは3日で272台、この日
3回転もしたという。管理しているしまなみ交流館では「基本的に数が
少なく、利用希望者には迷惑をかけたと思います」と話している。今年
度大人用を40台増やして200台にすることが決まっているが、連休
には間に合わなかった。今月末には20台をとりあえず増やす。
 (一部既報の)おのみち映画資料館は、29日からの9日間で2464人が
入場した。


ニュース・メニューへ戻る